【パイオニア】ペダリングモニターは付くのか?問題
by: 石川 誠

さてさて、せっかくパイオニア ペダリングモニターをお借りしているので、、、

 

以前から気になっていた取り付け問題を検証してみたいと思います!

まずは基本のおさらいです。

パイオニア ペダリングモニターは

「約90%のフレームに取の構造的にり付け可能」

でも、フレームの設計によってはセンサーと干渉して取り付けできない場合がある。

特にBBの仕様の影響が大きくて、、

 

BBがシマノホローテック2ならまず大丈夫

BB30、PF30、OSBBもほぼ大丈夫

BB86、BB386、BB90は個別に確認、要注意

ということでした。

 

 

 

さて、実際取り付けてみると、、

 

こちらはBB90採用のMADONE 7.7 

しかもエアロブレーキ採用、、、

 

公式に名指しで付きませんといわれているタイプ

 

ペダリングモニターの実物を見るまではこれ付くかもよ!!

と思っていたのですが、、

 

付かないとしたら右クランクだよな!

何しろ変速機もチェーンもあって隙間も狭いし。

 

1DSC_0977 (1).jpg

 

ところがやってみると右は付いちゃったんです、特に問題なく。

 

何しろ右クランクのセンサーの出っ張りはチェーンリングから1mmぐらいなので。

 

DSC_1070.jpg

 

マニュアルの「取り付け幅3.7mm以上必要」はおそらく踏み込んだ時のフレームのたわみを考えての数値ではないでしょうか?

 

右が問題なく付いてしまったのでなんだいけるジャンと思いながら念のため左クランクを付けてみました。

 

、、、、、だめでした、、、、。

 

 

オーーーノーーー!

 

 

はなっから問題は左クランクだったのです。

良く考えればセンサーも右より左のほうが分厚いし、、、

 

DSC_1086.jpg

 

センサーがBB下のエアロブレーキにがっちり干渉してます、、、

 

それなら!

エアロブレーキじゃない普通のBB90だったらいけるんじゃないの?

と思ってやってみると。

 

 

DSC_1087.jpg

 

ぎりぎりすぎました、、、

あたってはいないんですが、、

踏み込んでフレームがたわんだら、たぶん当たります。

ダンシングしちゃだめなロードバイクになってしまうので、BB90には取り付けないほうがよさそうです。

ちなみに15年モデルのエモンダも同じ理由でだめでした。

残念!

自宅のMADONE5に取り付けるという野望が砕け散ってしまった、、、

 

 

 

あ!

ということは今試乗車をお借りしているKUOTAはどうなの?

あれもBB386だったはず。

 

 

KOUGARは、

 

 

DSC_1214.jpg

 

 

DSC_1212.jpg

 

 

 

やっぱり、エアロブレーキが干渉してだめでした。

 

 

 

じゃあ、KRAYONも、、、

 

DSC_1215 (1).jpg

 

 

DSC_1216.jpg

 

 

お!いけるんじゃないでしょうか!

これだけ隙間があればダンシングしてもいけるでしょ!

 

 

ペダリングモニター後検討の際はご参考に!

(BB386なら取り付け可能と言うわけではありません。個別にご相談ください)

 

 

前の記事へ

次の記事へ

  • 店舗ブログ 新記事はこちら